お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

  • 大阪市西成区鶴見橋1-4-32
  • 四ツ橋線 花園町駅2番出口より徒歩1分
    南海高野線 萩ノ茶屋駅より徒歩4分

耳鼻咽喉科

耳は大切な感覚器官

耳鼻咽喉科

耳は、外耳道(耳の穴)、中耳(鼓膜の奥の小空間)、内耳(耳の一番内側にあたる部分で、蝸牛と前庭・三半規管から成る)の3つの部分で構成されています。耳は「音を聴く」という機能を担っているほか、体のバランスをとる半規管と連結している大切な感覚器官です。めまい・耳閉感(耳が詰まった感じ)・難聴・耳鳴り・耳だれ・耳痛など気になることや症状があればお気軽にご相談ください。病名をクリックするとその説明へジャンプします。
耳の病気について詳しくはこちら ≫

■ 主な病気
眩暈症耳管機能不全症外耳炎中耳炎真珠腫性中耳炎突発性難聴顔面神経麻痺感音難聴神経性耳鳴メニエール病

鼻は大切な呼吸器官

耳鼻咽喉科

鼻はにおいを嗅ぐ機能だけでなく、呼吸器官としての大切な働きを担っています。鼻は肺や気管を守るために、吸った空気を十分に温め加湿し、ウイルスや細菌・埃などの体内への侵入を妨害し、きれいな空気を肺に送り込むためのフィルターのような役目をしています。そんな鼻が病気にかかり、吸い込んだ空気が浄化されなくなったり、口呼吸をすることになったりすると、ウイルスや細菌がのどや肺に直接侵入してしまい、様々な悪い影響を与えてしまいます。にしきおりクリニックでは、花粉症・アレルギー性鼻炎・蓄膿・鼻水・鼻づまりなどの症状に対してレーザー治療や血液検査もしております。気になることや症状があればお気軽にご相談ください。病名をクリックするとその説明へジャンプします。
鼻の病気について詳しくはこちら ≫

■ 主な病気
アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)血管運動性鼻炎肥厚性鼻炎急性鼻炎慢性副鼻腔炎(鼻茸症を含む)

のどはたくさんの役割を担っています

耳鼻咽喉科

のどは食べ物を食道や胃に送り込む役割と、肺に空気を届け、また言葉を発する役割を担っています。また、口から入ってきた細菌やウイルスの侵入も防いでいます。どの働きも、とても大切です。のどの違和感(イガイガした感じ、引っかかる感じ)・咽頭痛(のどが痛い)・首や口の中が腫れているなどの症状に対して、希望に応じファイバースコープなどで患者さんに患部をお見せして病状を説明します。気になることや症状があればお気軽にご相談ください。病名をクリックするとその説明へジャンプします。
のどの病気について詳しくはこちら ≫

■ 主な病気
急性咽喉頭炎胃食道逆流症慢性咽喉頭炎咽喉頭異常感症急性扁桃炎腫瘍