にしきおりクリニック
ご予約の方は 06-6641(ヨイ)-3387(ミミハナ)
にしきおりクリニック 診療案内診療カレンダーアクセスお問い合わせ
診療案内 診療内容
   各種疾患の一部について、一般の方でもできるだけ分かりやすいように説明します。(専門の方の中には異論・異議のある先生もおられると思いますが、悪しからずご了承ください)

耳の疾患

眩暈症
まず、眩暈(めまい)は内科の病気と思われる方がおられると思いますが、実はその多くは耳鼻咽喉科的疾患(耳が原因)ということをご存知でしょうか?ある統計では、眩暈(めまい)を訴えて病院を受診した患者さんの7割以上が耳鼻咽喉科の疾患であったとされています。

さらに詳しく→

 
耳管機能不全症
耳の詳細図をご覧下さい。鼓膜と骨に囲まれた中耳という空間は通常は閉鎖されています。気圧の変化に伴う調節や中耳に溜まった浸出液などの排出は、“耳管(じかん)”という細長い管を通して鼻の奥に向けて行われます。この耳管の機能が不十分な方は、鼓膜が凹んだ状態が持続して耳閉感(耳が詰まった感じ)や難聴・自声共鳴(自分の声が耳に響く)など様々な症状が出現します。

さらに詳しく→

 
外耳炎
耳の入り口から鼓膜までを外耳道(いわゆる耳の穴、図をご覧ください)といいます。この部分に傷がついたり、バイ菌(細菌)やカビ(真菌)がつくと炎症を起こします。これを外耳炎と呼び、耳たぶを引っ張ると耳の中が痛くなるという特徴を持ちます。

さらに詳しく→

 
中耳炎
まず耳の詳細図を見て中耳の位置を確認しましょう。中耳とは、鼓膜から奥の骨で囲まれた空間で内耳と呼ばれる部分までの小指の頭ほどの小さな空間です。この部分に炎症を起こす病気の総称が中耳炎です。

さらに詳しく→

 
真珠腫性中耳炎
数ある中耳炎の中でも“悪性”の中耳炎(悪性腫瘍という意味ではなく、たちが悪いということです)と呼ばれるもので治療には手術が必要となります。

さらに詳しく→

 
突発性難聴
突然、原因不明に片方の耳が聞こえにくくなる病気です。初発症状は難聴の他に、耳閉感や眩暈(めまい)が伴うこともあります。

さらに詳しく→

 
顔面神経麻痺
顔の動きが突然悪くなる病気です。うがいをしたり食事したりすると口からこぼれる、目が閉じにくくなる、笑うと顔が左右非対称になる、顔がゆがんでいるなどの症状が現れます。

さらに詳しく→

 
感音難聴
内耳にある聞こえの神経(蝸牛神経)の機能が衰えて、難聴になります。(耳の詳細図をご覧下さい)この場合、鼓膜や中耳に異常はありません。

さらに詳しく→

 
神経性耳鳴
何もいないのにセミが鳴いている音がするなどの症状は“耳鳴り”の典型的症状です。耳鳴りについては不明な点が多いのですが、一般的に左右の聴力差がある場合や感音難聴がある場合に耳鳴りがすると言われています。これを神経性耳鳴と呼びます。

さらに詳しく→

 
メニエール病
外来診察をしていると、“5年前にメニエール病をして治りました”などと聞くことがあります。しかし、その患者さんは本当にメニエール病だったのでしょうか?激しい眩暈(めまい)の発作と変動しながら少しずつ進行していく感音難聴を特徴とするメニエール病は、難治性の疾患で 比較的 珍しい病気と言えます。また、診断も一度だけの外来診察では不可能です。眩暈があるからメニエール病という間違えた考え方が多く見受けられます。

さらに詳しく→


鼻の疾患

アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)
ご存知のように、花粉やダニの表皮などの異物(アレルゲンといいます)が鼻の粘膜に付着することによりおきる“発作性のくしゃみ・鼻水・鼻づまり”のことです。アレルゲンに反応して、粘膜内にヒスタミンが分泌されることが原因です

さらに詳しく→

 
血管運動性鼻炎
鼻水が出て困るという患者さんの中には、血管運動性鼻炎という耳慣れない疾患の方もいらっしゃいます。これは、鼻の粘膜が寒暖差(温度差)や刺激物などによって刺激され、汗のようにサラサラした鼻水が出るという特徴を持ちます。

さらに詳しく→

 
肥厚性鼻炎
鼻の粘膜がふくれ上がってしまい、鼻づまりを起こします。軽度の場合は、内服治療によって軽快しますが、レーザー治療や手術治療が必要な場合もあります。

さらに詳しく→

 
急性鼻炎
いわゆる“鼻風邪”と呼ばれるもので、鼻の粘膜の炎症症状が主症状です。その多くは内服・点滴や吸入療法で軽快していきます。
 
慢性副鼻腔炎(鼻茸症を含む)
いわゆる“蓄膿(ちくのう)”とよばれるもので、ドロドロした鼻水・鼻づまり・鼻の周囲の重い感じや痛みなどが症状です。

さらに詳しく→


喉(のど)の疾患

急性咽喉頭炎
いわゆる“喉(のど)風邪”と呼ばれるもので、喉の粘膜の炎症症状が主症状です。その多くは内服・点滴や吸入療法で軽快していきます。
 
胃食道逆流症
胃から胃酸(塩酸などを含む強い酸性液)が食道を逆流し、喉まで来ると、慢性的な咳・喉の違和感・痛み・声がれなどの症状が出ます。問診では、胸やけ・ゲップについて聞きます。

さらに詳しく→

 
慢性咽喉頭炎・咽喉頭異常感症
乾燥などにより喉の粘膜の慢性的な炎症がおこり、“喉のイガイガした感じ・違和感”や舌炎による“舌のピリピリした感じ”などもおこします。

さらに詳しく→

 
急性扁桃炎
俗に“扁桃腺炎”と呼ばれる病気で、激しい喉の痛みと発熱などを特徴とします。食べ物が飲み込みにくい状態が続くと脱水状態となり、高熱が持続します。
内服・点滴で治療します。

さらに詳しく→

 
腫瘍
“できもの”とも呼ばれる腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍があります。物が飲み込みにくい、喉が腫れて何かが出来ているなどの症状があれば、一度 耳鼻咽喉科受診されることをお奨めします。

さらに詳しく→


Copyright (C) 2005 Nishikiori Clinic AllRights Reserved.